まだ大手キャリアでスマホを使ってるんですか?格安SIMなら毎月の携帯料金が2,000円台にできますよ!当サイトでは利用目的別におすすめの格安SIMを紹介しています。あなたも格安SIM生活を始めませんか?

おすすめの格安SIM/格安スマホを徹底比較【ゼロから始める格安SIM生活】

格安SIMの基礎知識

格安SIMに最低利用期間や解約金はかかる?縛り期間や違約金を徹底比較!

更新日:

もばねこ
格安シムも、ドコモとかauみたいに2年縛りはあるのかにゃ?
しみー
格安SIMには2年縛りもないし、自動更新もないんだよ!

docomo・au・SoftBankといった大手キャリアには2年縛りという、2年間の最低利用期間があります。

更に悪いことに、2年の契約期間が終わればまた契約が自動更新されて2年の契約期間が再スタートされます。

この期間に解約を申し出るとすれば、違約金として1万円近く取られてしまいます。

格安SIMにはこういった縛りはあるのか、格安SIMの会社ごとの最低利用期間や違約金(解約金)をまとめましたので、乗り換える前に確認してくださいね!

格安SIMの縛りと違約金(解約金)

しみー
それでは、各格安SIM会社の最低利用期間や違約金を見ていこう!

格安SIMで最低利用期間や違約金があるプランは?

まず、前提としてほとんどの格安SIMはデータ通信プランと音声通話プランとに分かれます。

データ通信プランとはデータ通信のみができるプランで、音声通話はできません。楽天モバイルやmineo(マイネオ)など、ViberやLaLa Call(ララコール)といったインターネット回線を使ったIP電話機能をつけることもできますが、基本的に音声通話はできません。

その分、音声通話プランよりかなり安めで、パケット通信量次第では500円程度で運用することも可能です。

しみー
データ通信プランは2台持ちとか、電話はLINEのみとかそういう人向けかな!

一方音声通話プランは大手キャリアのようにデータ通信も音声通話もできるプランです。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際もこちらを選び、大手キャリアで使っていた時と同じ電話番号を使うこともできます。

しみー
多くの人は音声通話プランを選んでいるよ!

ほとんどの格安SIMには、データ通信プランには最低利用期間も違約金もありません。

そのため、まずはお試し感覚でデータ通信プランで契約して、それから解約→音声通話プランで再契約ということもできちゃいます。

しみー
手軽に使えるから便利だよ!

今回の格安SIMごとの最低利用期間や違約金の比較では、データ通信SIMプランは外し、音声通話SIMプランのみで比較してみました。

格安SIM会社ごとの最低利用期間と違約金

しみー
それでは、格安SIM会社ごとの最低利用期間と解約金を紹介するよ!
格安SIM 最低利用期間 違約金
mineo(マイネオ) なし なし
FREETEL なし なし
OCN モバイル ONE 6ヶ月 8,000円
NifMo 7ヶ月 8,000円
UQモバイル 12ヶ月 9,500円
楽天モバイル 12ヶ月 9,800円
BIGLOBE SIM 13ヶ月 8,000円
DMMモバイル 13ヶ月 9,000円
エキサイトモバイル 13ヶ月 9,500円
LINEモバイル 13ヶ月 9,800円
IIJmio 12ヶ月 1,000円~
12,000円
nuro mobile 12ヶ月 1,000円~
12,000円

この表では、格安SIMによって最低利用期間の計算方法が異なるので、利用開始月を1ヶ月目として計算しています。

もばねこ
計算方法?
しみー
そう。例えば利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月間だったり、利用開始月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月間だったり、格安SIMごとに最低利用期間の計算方法が違うんだよ。
しみー
翌月から計算する場合は最大で13ヶ月間になっちゃうから、上の表で13ヶ月となっている格安SIMはそういう計算で載せているよ
もばねこ
マイネオやフリーテルは最低利用期間も違約金もないにゃ!
しみー
そうだね!音声通話SIMもお試し感覚で使えるから便利だよね。それだけ自分たちのサービスに自信がある証拠だね!

mineo(マイネオ)とFREETELからMNPする際は注意!

しみー
ただ一点だけ、マイネオやフリーテルから他社に乗り換える場合は最低利用期間と違約金が出てくるから注意してね!

mineoとFREETELには最低利用期間も解約金もありませんが、他社にMNP(電話番号を変えずに乗り換え)する際は気をつけなくてはいけません。

mineo(マイネオ)の場合は利用開始翌月から12ヶ月以内は、MNP転出手数料が11,500円発生します。通常のMNP転出手数料が2,000円ですから、5倍以上違うわけです。

FREETELの場合は契約期間によって異なり、1ヶ月目の解約では手数料が15,000円、10ヶ月目での解約だと6,000円というように期間に応じて手数料が発生します。こちらも通常の手数料より高くなるので、注意しましょう。

しみー
音声通話SIMを使っていて、電話番号は変えずに他の格安SIMに乗り換える場合は12ヶ月以降にしよう!
もばねこ
そんなに携帯会社ってころころ変えるものでもないし、気にすることでもないかにゃ!

mineo(マイネオ)とFREETELはどちらがおすすめ?

もばねこ
マイネオとフリーテルはどっちも最低利用期間も違約金もなくて魅力的だにゃ!どっちがいいかにゃ?
しみー
どちらも良い格安SIMだけど、僕はマイネオをオススメするよ!

mineo(マイネオ)は月額料金も安く使い勝手がかなり良いので、どんな人にもおすすめできる総合的に優秀な格安SIMです。

もばねこ
使い勝手がいいってどういうことにゃ?
しみー
マイネオには独自のサービスが多く展開されているんだ

mineo(マイネオ)は、独自のコミュニティのマイネ王や、パケットを毎月1GBまで無料で引き出すことができるフリータンク機能など、mineo(マイネオ)にしかない独自のサービスが多くあります。

特にマイネ王なんかは、mineo(マイネオ)のベテランユーザーの方々がかなり丁寧に教えてくれたりするので、サポートに聞くより詳しかったりするのです。

こういったメリットの多さから満足度NO.1を何度も獲得しており、選んで後悔することが少ない格安SIMだといえるのです。

mineo公式ページをチェック!

まとめ

以上、格安SIMの最低利用期間と違約金についてまとめました。

最低利用期間や違約金を見ると、mineo(マイネオ)とFREETELが一切なくてお得だということがわかります。

特にmineo(マイネオ)がおすすめで、月額料金は安いですし独自のサービスが整っており選んで後悔することがない格安SIMです。

このまま大手携帯会社を使い続けていると、月が経つごとに損をしている状態になってしまうので、この機会にmineo(マイネオ)をチェックしてみましょう!

 

記事をシェアする

おすすめ格安SIM

よく読まれている記事

1

毎月の携帯料金が劇的に安くなる格安SIM。徐々に名前も浸透してきて、乗り換えを検討している方も増えてきました。 しかし、格安SIM会社は10社以上存在し、3社しかない大手キャリアを選ぶのとではわけが違 ...

2

ここでは、格安SIMに乗り換えたいけどまず何をすればいいのかわからない方のために、MNP(電話番号を変えずに乗り換え)方法を解説しました。 これを読めば最初から最後まで問題なく乗り換えできるので、これ ...

3

mineo(マイネオ)は、サポートが手厚くユーザーに寄り添ったサービスが人気の格安SIM(MVNO)です。 コミュニティが充実しており、格安SIMや格安スマホのことがよくわからないけど毎月の携帯料金を ...

4

楽天モバイルは、楽天市場や楽天カードを運営する楽天株式会社が提供している格安SIMで、楽天ポイントとの相性がかなり良い格安SIMです。楽天をかなり使う人は楽天ポイントもある程度貯まるでしょうし、そのポ ...

5

LINEモバイルは2016年9月に登場した新しい格安SIMで、日本では断トツに多い「LINE」アプリを提供しているLINE株式会社が提供しています。 LINEモバイルの強みは何と言ってもLINEやtw ...

-格安SIMの基礎知識
-,

Copyright© おすすめの格安SIM/格安スマホを徹底比較【ゼロから始める格安SIM生活】 , 2017 All Rights Reserved.