まだ大手キャリアでスマホを使ってるんですか?格安SIMなら毎月の携帯料金が2,000円台にできますよ!当サイトでは利用目的別におすすめの格安SIMを紹介しています。あなたも格安SIM生活を始めませんか?

ゼロから始める格安SIM生活~おすすめ格安SIMの比較やMNP/口コミ/評判/乗り換え方法まとめ

格安SIMの基礎知識

格安SIMはどうして安いの?格安SIMの安さの秘密やメリット・デメリットのまとめ

更新日:

もばねこ
格安シムってすごい安いって聞くけど、どうして安いにゃん?
しみー
格安SIMは大手キャリアに比べて毎月2,000~3,000円以上安くできるからね。その安さにも理由があるんだよ!

格安SIMは今お使いのNTTdocomo・au・SoftBankと比べると毎月の携帯料金がかなり安くなり、1,000円台~3,000円台で使えるようになります。

ただ、安くなるのはわかるけど、「安さには裏があるんじゃないか?」「なんか不安だ・・・」と疑問を抱く方も多いです。

そこでこの記事では、格安SIMがどうして安いのかという理由と、格安SIMのデメリットも解説しましたので、不安を感じる方は是非参考にしてみて下さい!

格安SIMが安い理由

しみー
格安SIMが安い理由は次の通りなんだよ!

格安SIMが安い理由

  • 通信回線の設備費がいらない
  • 人件費が少ない
  • 通話がオプション扱い(厳密に言うと違います。後ほど解説)

格安SIMは通信回線を借りているので維持費がいらない

格安SIM会社(MVNO)は、インターネットや電話を使う時の通信回線を、ドコモやauから借りて運営しています。

大手キャリアは独自の通信回線を持っているので、その設備の維持費に莫大な資金を投入していますが、格安SIM会社(MVNO)はそれを借りているだけなので、その分安く済んでいるのです。

人件費のコストが相当安い

格安SIMは、大手キャリアに比べて人件費が大幅に安いです。

なぜなら、大手キャリアはドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップのように、携帯ショップを日本全国に相当数開いています。

ということは、その分ショップスタッフの人件費やショップの家賃など固定費が相当かかっちゃうんです。

一方で、格安SIMは実店舗がある会社もありますが、その数も大手キャリアほど多くはありません。その分スタッフの人件費は安くなりますし、家賃もかかっていません。

人件費や家賃が浮いた分、携帯料金を安くできるのが格安SIMの魅力です。

端末が別売り

大手キャリアでは通常最新のスマホを購入して使うことになります。

使っている時はあまり意識しませんが、大手キャリアではスマホとSIMカードをセットで購入しているわけです。

SIMカードとは

SIMカードとは、いわばスマホの心臓のようなもので、上の写真のような指先サイズの小さなカードです。これをスマホに挿すことによってスマホが使えるようになります。

格安SIMでは、スマホ端末を購入しない場合、このSIMカードのみが送られてきます。

大手キャリアでは、スマホ端末も購入する人が多いため、多くの在庫を抱えたりその流通コストも多大なものです。

一方で、格安SIMでは基本的にはSIMカードのみの提供です。これまで大手キャリアで使っていたスマホにSIMカードを挿せば使えるようになりますし()、スマホも欲しいのであれば1万後半~3万円で購入できる格安スマホが提供されているので、安くスマホを使えることができるのです。

SoftBankやauを使っている方はSIMロック解除の手続きをする必要があります。

大手キャリアと格安SIMは料金プランが異なる

大手キャリアと格安SIM会社は、同じ携帯会社ではありますが料金プランは異なります。

大手キャリアと格安SIMのプランの違い

 大手キャリア
  • かけ放題がメイン(何時間でもor毎日5分まで)
  • データ通信量をかけ放題とセットで選ぶ
 格安SIM会社
  • データ通信量を選ぶ
  • 通話は任意(格安SIMによって5分かけ放題など選べる)
しみー
一番の違いは、通話プランを選ぶかどうかという点だね

大手キャリアでは、基本的にかけ放題とデータ通信をセットで選ぶことになります。かけ放題は無制限か5分かけ放題かで選ぶことができ、その上でデータ通信量を決めるわけです。

一方で、ここが大きな違いですが格安SIMでは通話はあくまでオプションです。基本的にデータ通信量を選ぶのが最初で、電話は利用状況によって選ぶこともできるし、全く使わないなら使わないで良いんです。

大手キャリアでは、全く電話しない場合でも毎月1,700円(かけ放題ライト)が発生しますが、格安SIMだと通話料は0円です。

少し電話を使う方なら、格安SIMでも5分かけ放題(月額850円)をつけることができます。大手キャリアで提供されているかけ放題ライトプランと同じものですが、それでも料金が半額です。

ただ、そういったオプションを使わない場合、格安SIMでは通話料は30秒毎に20円かかります。1分で40円なので、1時間電話すると2,400円かかってしまいます。

もばねこ
格安SIMは通話料は高めにゃん!
しみー
でもね、実はこれは大手キャリアでも一緒なんだよ。

この30秒毎に20円は大手キャリアでも同じで、大手キャリアで2,700円で使えるかけ放題プランでは関係ありませんが、毎日5分かけ放題のかけ放題ライトプランの場合、5分を超えると30秒毎に20円かかってしまうんです。

ただ、大手キャリアでは通話プランは強制的に入らなければいけない一方で、格安SIMでは使わないなら料金はかからないので安く使えるわけです。

また、データ容量も大手キャリアに比べると格安です。

ドコモと楽天モバイルの料金比較

楽天モバイルとNTTdocomoの料金を比較してみました。

  ドコモ 楽天モバイル
通話プラン
  • かけ放題ライト(毎日5分まで/月額1,700円)
  • かけ放題(時間無制限/月額2,700円)
  • 5分かけ放題(850円)
  • 20円/30秒の通話料
 データプラン
  • 2GB(月額3,500円)
  • 5GB(月額5,000円)
  • 20GB(月額6,000円)
  • 30GB(月額8,000円)
  • ベーシック(月額1,250円)
  • 3.1GB(月額1,600円)
  • 5GB(月額2,150円)
  • 10GB(月額2,960円)
  • 20GB(月額4,750円)
  • 30GB(月額6,150円)
もばねこ
こうして比べると、料金は全然違うにゃん!
しみー
でしょ!楽天モバイルの10GBプランの料金なんて、ドコモの2GBプランよりも安いから、そりゃ格安SIMが安くて当然だよね。

大手キャリアでは、この通話プラン+データプランの料金が毎月の携帯料金となりますが、格安SIMではデータプラン+通話料は使った分だけの料金が毎月かかります。

格安SIMの通話プランに入るかどうかは使い方次第ですが、仮に3.1GBと毎月30分だけの通話だけでも毎月の携帯料金は2,800円しかかからないので、どれだけお得かがわかるかと思います。

格安SIMのデメリットと対処法

安くて評判の高い格安SIMですが、当然デメリットもあります。格安SIMに不安を感じる方は、ここでデメリットを把握しその対処法も確認して、不安を少しでも和らげて下さいね!

かけ放題のプランがないから電話料金が高くなる・・・

大手キャリアにはかけ放題プランがある一方、格安SIMには5分以上のかけ放題がありません。5分までかけ放題プランがあるのも一部の格安SIMのみです。

格安SIMでは30秒毎に20円の通話料がかかってしまうので、大手キャリアと同様に使おうとすると通話料は高くなってしまいます。

そのため通話が多い方は次の対処法を行いましょう!

通話料金を抑える方法は?

対処法 通話料 月額料金の目安
LINEの通話機能 無料
(データ量を消費します)
無料
楽天でんわ 10円/30秒 通話した分だけ
LaLa Call 携帯電話へは8円/30秒
固定電話へは8円/3分
100円
5分かけ放題 定額 850円
もばねこ
ララコール?は安いにゃ!
しみー
そうだね。ただ、LaLa Callを使うと電話番号が050から始まるようになるし、これまで使っていた電話番号は使えないから注意してね!
しみー
これまでの電話番号を使いたいなら、LINEで電話するか、楽天でんわアプリを使うなら10円/30秒と通話料が半額になるからおすすめだよ!

楽天でんわの通話アプリは、これまでの電話番号をそのまま使えますから、格安SIMで通話するなら、スマホに最初から入っている通話アプリを使わずに楽天でんわアプリを代わりに使うことをおすすめします。

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

電話をするならmineo(マイネオ)がおすすめ!

通話を毎月ある程度する方なら、mineo(マイネオ)がおすすめです。mineo(マイネオ)には5分かけ放題だけでなく、通話定額プランを選ぶこともでき、広いニーズに応えることができます。

mineoの通話プラン

  • 毎日5分かけ放題:月額850円
  • 毎月30分まで無料通話:月額840円
  • 毎月60分まで無料通話:月額1,680円
しみー
毎日少しずつ電話の用がある人は5分かけ放題を選んでおくとおすすめだね!
しみー
1回30分とか、毎月まとまった電話をする方は30分定額か60分定額を選ぶ方が安くなるよ!

毎月トータルで20分も電話をしないという方なら、通話プランに入らなくても十分安く使えます。

格安SIMではキャリアメールが使えない

しみー
格安SIMに乗り換えると、キャリアメールが使えなくなってしまうから注意してね!

格安SIMに乗り換えるということは、それまで使っていた大手携帯キャリアを解約するということになり、@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpは使えなくなってしまいます。

ただ、今はメールを使うよりも、LINEをメインに使う方が多いと思うので、大したデメリットでもないかと思います。

LINEでなくとも、GmailやYahoo!メールも使えますし、そちらに移行しても良いでしょう!

もばねこ
僕はLINEしか使ってにゃいから、問題ないにゃ!

時間帯によって速度が遅くなる・・・

格安SIMは、大手キャリアの回線を借りて運営していることは説明した通り。

その分安くはなりますが、あくまで回線を借りているため、どうしてもお昼休みなどスマホを使う人が多い時間帯は遅くなってしまいます。

もばねこ
遅くなるのは嫌にゃん・・・
しみー
数値上は確かに遅くなっているよ。でも、体感速度としてはそこまで変わらないこともあるんだよ

実際の体感速度と数値上の速さは同じではありません。数値上は遅くなっていても、普段使っている分にはさほど遅さを感じることは少ないです。

しかし、お昼12時台や帰宅時の19時~20時は混雑しやすく、LINEやtwitterなどSNSを使い分には支障はないでしょうが、動画を見たり、ソシャゲをする分には支障が出てくる可能性はあります。

どうしてもその速度が我慢できない場合はWiFiを使うか、混雑している時間帯でも安定した速度がでるUQモバイルを使うことをおすすめします。

UQモバイルは格安SIM(MVNO)の中でもトップクラスに速いので、速い回線を求めている方にはおすすめの格安SIMです。

格安SIMは店舗が少ないから不安・・・

徐々に店舗を持つ格安SIMも増えているとはいえ、格安SIMには実店舗は少ないです。

大手キャリアでは、わからないことがあったり契約の変更がある場合は気軽に携帯ショップに出向くことができましたが、格安SIMではそうはいきません。

大手キャリアでは、ドコモショップは全国約2,400店舗数、auショップは全国約2,500店舗数、ソフトバンクショップが全国約2,000店舗数あります。

その分、平日の昼間でも平気で1時間待ちとかざらにありますが、それだけ携帯ショップに足を運んでいます。

それに対して格安SIMは実店舗がほとんどありません。その分家賃や人件費がかからないため、携帯料金は安く済んでいるのですが、サポートは電話やチャットを利用する必要があります。

もばねこ
店舗がないと不便じゃにゃいか?
しみー
ただ、格安SIMは大手キャリアに比べて料金もシンプルだし、そんなにサポートが必要なケースって実はないんだよ

また、大手キャリアの店舗では、無駄なプランに入らされたりするので、自分で手続きをするようにすることが大切です。

どうしても店舗で直接のサポートを受けたいのであれば、楽天モバイルは大手キャリアショップのようなサポートが受けられる店舗が全国100店舗以上あります。

更に、今なら自宅への出張サポートも無料で行っていますので、大手キャリアのようなサポートが欲しい方にはおすすめの格安SIMです。

まとめ

以上、格安SIM(MVNO)が安い理由と反面デメリットがあることを解説しました。

格安SIMは、大手キャリアのような店舗サポートや必要以上のオプションがない分安く使うことができます。

こういったことが必要ない方にとっては、大手キャリアに無駄に高い携帯料金を支払っていることになります。

格安SIMでは自分の使い方に応じた安くて適切なプランを選べることがメリットです。

操作方法などどうしても不安な方は、店舗数が多い楽天モバイルを選ぶことをおすすめします!

格安SIMに乗り換えて、携帯料金の節約ライフを始めてみましょう!

記事をシェアする

おすすめ格安SIM

-格安SIMの基礎知識
-, ,

Copyright© ゼロから始める格安SIM生活~おすすめ格安SIMの比較やMNP/口コミ/評判/乗り換え方法まとめ , 2017 AllRights Reserved.