まだ大手キャリアでスマホを使ってるんですか?格安SIMなら毎月の携帯料金が2,000円台にできますよ!当サイトでは利用目的別におすすめの格安SIMを紹介しています。あなたも格安SIM生活を始めませんか?

おすすめの格安SIM/格安スマホを徹底比較【ゼロから始める格安SIM生活】

格安SIMの基礎知識

「SIMフリー」って何?格安SIMを知る上で欠かせないSIMフリーについて徹底解説!

更新日:

もばねこ
格安スマホを見る時、「SIMフリー」って言葉を聞くにゃん!なんのことにゃ?
しみー
SIMフリーっていうのは、どのスマホでも格安SIMを使うことができるようにすることで、スマホを安くする上で必要なんだよ
もばねこ
んーーー??よくわからんにゃ・・・
しみー
今回はSIMフリーについて解説するね!

スマートフォンの通信費用を安く抑えることができるため、大流行中の格安スマホ。

この格安スマホサービスを利用するには、「SIMフリーとは何か?」を理解できていないと利用することができません。今回はSIMフリーとは何かを理解していきましょう。

そもそもSIMとは

しみー
この画像みたいなカードがSIMだよ!
もばねこ
あーにゃんか見たことあるような・・・

SIM(Subscriber Identity Module Card)カードとは何なのでしょうか?

SIMカードは携帯電話ユーザーの情報が記載された電子カードのことです。大手キャリアではSIMカードを差し込んでスマートフォンを提供しているため、見る機会がない方が多いと思います。

通常はユーザー情報が記載されたこの「SIMカード」を携帯電話に差し込むことで通話が可能になります。いわば、携帯電話の心臓ともいえるものがこのSIMカードなのです。

ですから、SIMカードを入れ替えるだけで、1台の携帯電話で複数の電話会社のサービスを受けることも可能です。

もばねこ
ということは、僕が今使っているiPhoneにも、SIMカードが入っているにゃ?
しみー
その通り!iPhoneから取り出せば確認できるよ!

例えばdocomoのスマホを使っている人はdocomoのSIMカードを持っていますし、auのスマホを使っている人はauのSIMカードを持っています。SoftBankも同様です。

スマホを使っている人は皆SIMカードを持ってるんです!

SIMフリーとは

SIMカードについて説明しましたが、通常、NTTドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアで購入したスマートフォン端末にはSIMロックというものがかかっています。

そのため、キャリアが違うとSIMカードを挿入しても、スマートフォンの通信機能を利用することができません。

もばねこ
え?そうにゃ?
しみー
そうだね、ユーザーを他社に逃さないために、例えばドコモのスマホならドコモでしか使えないようになっていたんだよ

このような「SIMロック」がかかっていない状態の端末のことを「SIMフリー」端末と呼びます。SIMフリー端末なら、どのようなMVNOでもスマートフォンを利用することができます

SIMロックとは

しみー
SIMロックについてもう少し詳しく説明するね!

SIMロックとはNTTドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアが簡単に他キャリアにユーザーが移動することができないように、自社で購入した端末にSIMロックをかけて、他社SIMを読み込まないようにした状態を言います。

このように以前はスマートフォンの端末にSIMロックがかけられていたので、簡単に通信キャリアを移動することができませんでした。

もばねこ
にゃるほど。。賢いにゃー
しみー
当然、こういう状態は長く続かなかったんだよ。

近年格安スマホを扱うMVNO(格安SIM会社)が年々増加しています。およそ550社のMVNOがあると言われています。

SIMロックがかかった状態ではユーザーが自由にMVNOを選択して、通信費用を節約することができません。そのため、行政側からの規制が入ることになりました。

今では、ユーザーからの要求があれば、大手キャリアはSIMロックを解除しなければならなくなっています。

しみー
この行政指導が行われた後に発売したスマートフォン端末は、ホームページ上から簡単にSIMロックを解除することができるんだよ!
もばねこ
誰でもSIMロック解除して乗り換えできるということだにゃ!
しみー
うん。ただ、料金滞納や携帯代金の未払いなどがある場合はSIMロックを解除してもらうことはできないから注意が必要だよ

NTTドコモを例にとると、次のようになっています。

2015年5月以降に発売された機種

2015年5月以降に発売された機種の場合、基本的に端末購入日から6か月経過していればSIMロック解除が可能です。

解除料金はweb申し込みの場合は「無料」で行うことができます。SIM解除にかかる時間は10分程度と簡単にできますので、webでの解除をオススメします。

また、電話orショップでのSIM解除申し込みをした場合は解除手数料が3,000円かかります。

なおNTTドコモをすでに解約済の方の場合は、解約日から3か月以内がSIMロック解除の条件になっていますので、ご注意ください。

しみー
ドコモだけでなく、au・ソフトバンクでも購入から6ヶ月経っていたらSIMロック解除はできるよ

2011年4月~2015年4月に発売された機種

2011年4月~2015年4月に発売された機種の場合、ドコモショップでの店頭申し込みしか受付をしていません。ですから、SIMロック解除手数料が3,000円かかります。

このようにショップやwebでSIMロック解除の手続きを行った端末は解除後「SIMフリー」端末となり、自由にMVNOを選択することができます。

まとめると、docomo・au・SoftBankでは端末購入日から6か月経過していればSIMロック解除が可能であり、2011年4月~2015年4月に発売された機種の場合、docomoとSoftBankはドコモショップやソフトバンクショップでの店頭申込でのみSIMロック解除が可能です(SIMロック解除手数料は3,000円)。

しみー
2011年4月~2015年4月に発売された機種は、auは対応していないんだよ

iPhoneをSIMフリーにする方法については、下記記事にまとめていますので、ご参考にして下さい!

iPhoneをSIMフリーにする方法とその条件とは?SIMフリーについて徹底解説!

格安SIMが大流行の現在、SIMロックをしているiPhoneでは、格安SIMへの乗り換えも自由にすることができなく大変不便です。 そこでiPhoneでも格安SIMを利用できる方法とiPhoneをSIM ...

続きを見る

SIMフリー端末のメリット

しみー
通常、キャリアでスマホを買うと、買ってから半年経たないとSIMロック解除できないんだけど、最初からSIMフリーの端末もあるんだよ!
もばねこ
それは便利だにゃ!
しみー
例えば、iPhoneのSIMフリー端末がほしいなら、ヤマダ電機とか家電量販店にもあるし、AppleStoreでも買えるよ!
しみー
それでは、SIMフリー端末のメリットを紹介するよ!

端末を新規購入しなくても、他キャリアの回線が利用できる

SIMフリーの端末であれば、どんなSIMカードでも利用することができます

ですからNTTドコモからソフトバンクへの乗り換えをした場合でも端末を買い替えすることなくお手持ちのスマートフォンで回線を利用することができます。

海外でSIMカードを購入して通信費用を安くすることができる

SIMフリーの端末ならば、海外出張などの場合現地の格安SIMを利用することも可能です。

現地の格安SIMカードを購入することで通信費用を格段に安くすることができます。

スマートフォンの使いまわしができる

ご家族でパパのおさがりのスマートフォンを子供に使わせたりすることも可能です。また、お友達から譲り受けたスマートフォンなども利用することができます。

格安スマホのMVNOと契約して通信費用を節約することができる

SIMフリー端末の一番のメリットはSIMフリーの端末であれば自由にMVNOを選択して新しい格安SIMカードを購入することで、通信費用を大幅にコストダウンすることが可能なことです。具体的には現在大手キャリアのスマホ料金はおよそ6,000円になっています。

それを格安スマホに乗り換えをした場合、一般的な格安スマホ料金は2,000円になっていますので、月額で4,000円、年額で48,000円も通信料金を節約することが可能です。

おすすめ格安SIM会社の簡単料金比較

ここでは、簡単に格安SIM会社の料金比較を行います。

スマホライトユーザーにオススメの格安SIM

基本的に高速通信量が3GBでSMS機能がついているプランがオススメです。

  楽天モバイル mineo(マイネオ) DMMモバイル IIJmio
音声通話 1,600円 1,600円 1,500円 1,600円
SMS 1,020円 1,020円 1,000円 1,040円
データ通信のみ 900円 900円 850円 900円

このように、音声プランを選択しても2,000円以下でスマートフォンを利用することができます。

もばねこ
安いにゃ!
しみー
3GBなら動画を頻繁に見る人じゃない限り十分な容量だから、結構使えるよ!
しみー
容量が余ったら翌月に繰越もできるしね!

ヘビーユーザにオススメのMVNO

高速通信量10GBのプランです。ヘビーユーザーでも格安スマホ利用なら、通信料金を半額以下にすることが可能です。

  楽天モバイル mineo(マイネオ) DMMモバイル OCN モバイル ONE
音声通話 2,960円 3,220円 2,890円 3,000円
SMS 2,380円 2,640円 2,340円 2,420円
データ通信のみ 2,260円 2,520円 2,190円 2,300円
もばねこ
どっちもDMMモバイルが安いにゃん!DMMモバイルがお得かにゃ?
しみー
安さだけならDMMモバイルが料金は安いね!
しみー
だけど、初月料金が無料ということや貯まる楽天ポイントを考えると楽天モバイルが一番お得なんだよ!
もばねこ
そうにゃのか!
しみー
他にも、マイネオもそこまで料金は変わらないし、マイネオ独自のサービスもあるから、安さだけで選ばない方がいいかな

SIMフリーとは?まとめ

これまで見てきたように、SIMフリーの端末であれば、自由にMVNOを選択してスマートフォンの通信費用を節約することが可能です!

SIMロックも簡単に解除することができますので、通信費削減のために格安スマホへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

格安SIMを提供している会社は数多くありますが、下記記事で利用目的ごとにおすすめの格安SIMを紹介しているので、この機会に格安SIMをチェックして、携帯料金を節約してみましょう!

記事をシェアする

おすすめ格安SIM

よく読まれている記事

1

毎月の携帯料金が劇的に安くなる格安SIM。徐々に名前も浸透してきて、乗り換えを検討している方も増えてきました。 しかし、格安SIM会社は10社以上存在し、3社しかない大手キャリアを選ぶのとではわけが違 ...

2

ここでは、格安SIMに乗り換えたいけどまず何をすればいいのかわからない方のために、MNP(電話番号を変えずに乗り換え)方法を解説しました。 これを読めば最初から最後まで問題なく乗り換えできるので、これ ...

3

mineo(マイネオ)は、サポートが手厚くユーザーに寄り添ったサービスが人気の格安SIM(MVNO)です。 コミュニティが充実しており、格安SIMや格安スマホのことがよくわからないけど毎月の携帯料金を ...

4

楽天モバイルは、楽天市場や楽天カードを運営する楽天株式会社が提供している格安SIMで、楽天ポイントとの相性がかなり良い格安SIMです。楽天をかなり使う人は楽天ポイントもある程度貯まるでしょうし、そのポ ...

5

LINEモバイルは2016年9月に登場した新しい格安SIMで、日本では断トツに多い「LINE」アプリを提供しているLINE株式会社が提供しています。 LINEモバイルの強みは何と言ってもLINEやtw ...

-格安SIMの基礎知識
-,

Copyright© おすすめの格安SIM/格安スマホを徹底比較【ゼロから始める格安SIM生活】 , 2017 All Rights Reserved.