やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

開幕直前!12球団戦力分析 阪神タイガース

開幕直前!12球団戦力分析 阪神タイガース

プロ野球が開幕まで残り僅か!各球団の戦力分析シリーズ。昨年2位阪神タイガース。


昨年2位で終わるも、CSで巨人を破り日本シリーズへ。
惜しくもソフトバンクに負けることに。
今年こそ優勝・日本シリーズ制覇の期待がかかるシーズンだが、
FA獲得がことごとく失敗、ほぼドラフトのみの結果になってしまった。
阪神の場合、外国人選手がきっちり活躍しているので、
既存戦力の底上げが鍵となる。


先発


確定


メッセンジャー、岩田、藤浪、能見


候補


岩崎、石崎、岩本、岩貞、横山、歳内、秋山、小嶋、二神

先発ローテ4枚は固い。
ただ、5番手6番手がふわふわしており、
最有力なのは岩崎、石崎といったところ。
岩本や岩貞も、オープン戦やファームで好成績を残しており、
いつでも登板できる状態にある。
他球団に比べ、かなり安定した先発陣といって良いのではないだろうか。


リリーフ


中継ぎ・セットアッパー


安藤、島本、加藤、榎田、渡辺、高宮、鶴、桑原、松田、筒井、伊藤、サンティアゴ、藤原、玉置、守屋、福原、金田、山本


抑え


呉昇桓

抑えは盤石も、中継ぎが弱い阪神。
特に、福原が早々にケガで離脱し、開幕に間に合うか微妙な状況。
そんな中、島本や榎田がオープン戦好調。
安藤・島本・榎田・加藤辺りを、中継ぎの軸に置き回していくのではないだろうか。
先発が強力な分、後がしっかりしてくると、
更にその強さが増してくる。


捕手


梅野、鶴岡、藤井、狩野、小宮山、清水、岡崎、小豆畑

捕手陣は、梅野を中心に置き、ベテランの鶴岡・藤井がカバーできる布陣。
パンチ力のある、2年目・梅野に期待がかかる。


内野手


一塁手


ゴメス、新井、関本、坂

一塁は今年もゴメスが入る。
万一不調やケガの場合でも、新井がカバーに回ることができ、
バックアップは心配ない。


二塁手


上本、西岡、黒瀬、森越、荒木、西田、植田

今年は上本がレギュラー。
西岡がサードにコンバートされた。
今年は更なる飛躍が期待される。


三塁手


西岡、新井、関本、坂、今成、陽川、北條

今年は西岡がサードにコンバート。
しかし、オープン戦でも守備に不安を残す。
西岡が上手く働かないと、ここに新井が入ることになる。
新井は、去年出場試合こそ少なかったけれども、
3割近い成績、7本塁打の成績を残しているため、
少し西岡が不安な場合、レギュラーの入れ替わりは十分ありうる。


遊撃手


鳥谷、黒瀬、森越、植田、北條

鳥谷の残留が最大の補強と言われるほど大きかった。
ここは不動なので、問題ないだろう。


外野手


左翼手


マートン、狩野、今成、陽川、中谷、一二三


中堅手


大和、江越、田上、俊介、柴田


右翼手


福留、伊藤、横田、緒方

外野は、マートン・大和、福留の3人に、
江越が競争に加わってきた。
オープン戦も順調に来ており、大和のポジションを脅かしている。
福留が不調に陥ったりすると、
ここに江越が入ってきてもおかしくない。
伊藤・横田といった若手も、期待できる。
特に、伊藤は昨年の成績に加え、
2軍で早々にホームランを放つなど、
結果を残してきており、早期の1軍昇格が期待できる。


総評


オープン戦もここまで上位に来ており、
目立った補強こそなかったものの、ドラフトで、
即戦力として獲得した新人選手がオープン戦で結果を残しており、
十分戦力の底上げを担っている。
先発4本柱が機能し、課題のリリーフ陣が固まれば、
十分優勝を狙える戦力が整っている。

・先発
★★★★☆
・リリーフ
★★☆☆☆
・捕手
★★★☆☆
・内野
★★★★☆
・外野
★★★★☆
・総合評価
★★★★☆(戦力のバランスが秀逸)

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top