やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

開幕直前!12球団戦力分析 東京ヤクルトスワローズ

開幕直前!12球団戦力分析 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球が開幕まで残り僅か!各球団の戦力分析シリーズ。最後は昨年最下位だったヤクルト。


昨年は、セ界の火薬庫と呼ばれるほど、
各チームの投手陣をことごとく炎上させたヤクルト。
しかし、同じくらい投手陣も炎上した結果、
最下位に転落してしまった。
FAで、成瀬・大引を獲得し、巻き返しに臨む。


先発


確定


小川、石川、成瀬、八木


候補


杉浦、由規、石山、村中、風張、木谷、古野、七条、児山、徳山、赤川、新垣、館山、田川

開幕ローテは
小川・石川・杉浦・成瀬・石山・八木
で回すことになるだろう。
候補に入れた杉浦だが、オープン戦安定したピッチングを披露しており、
ケガさえしなければ、年間通してローテーションを守り、3点台くらいは残せる力を持っている。
ここに、ケガ明けの由規や石山、村中が加われば、
なかなか充実した先発陣になるのではないだろうか。
怖いのはケガのみである。


リリーフ


中継ぎ・セットアッパー


秋吉、山本、ロマン、オンドルセク、中澤、竹下、寺田、松岡、江村、岩橋、土肥、久古、大場、中元、平井、山中、金伏


抑え


バーネット

去年フル回転した秋吉には今年もフル回転してもらう。
抑えはバーネットになる予定らしいが、オープン戦でも打たれており、
バレンティンが復帰すれば、
オンドルセクとロマンの2枚で良いのではないだろうか。


捕手


中村、田中雅、井野、西田、藤井、星野、山川

相川の移籍により、今シーズンは中村を中心に回すだろう。
中村も、攻守ともに十分独り立ちできる力を備えていたので、
移籍は彼にとっては良かったのではないだろうか。


内野手


一塁手


畠山、武内、ユウイチ

ファーストのレギュラーは畠山。
武内やユウイチもいるので、バックアップは万全。


二塁手


山田、田中浩、森岡、今浪、荒木、谷内、三輪、奥村

今年も期待される山田。
田中浩や森岡もバックアップにいる。


三塁手


川端、森岡、今浪、荒木、三輪

昨年ほぼ全試合出場した川端がサード。
森岡や今浪もいるので、層は厚い。


遊撃手


大引、森岡、西浦、荒木、今浪、谷内、三輪、奥村

FA移籍した大引がレギュラー。
ヤクルトの内野は、森岡や今浪、谷内や三輪など、
複数守れるユーティリティが多いため、
バックアップは安心できる。打力にも優れている森岡が控えなのは、相手に脅威。


外野手


左翼手


ミレッジ、武内、ユウイチ、松井、川上、川﨑、原


中堅手


雄平、比屋根、上田、三輪


右翼手


バレンティン、飯原、ユウイチ、荒木

バレンティンが開幕に間に合わないため、
ユウイチや飯原あたりが最初はこなすことになる。
ミレッジも順調にオープン戦をきており、
シーズンに期待が持てる。


総評


FAの獲得、更に一昨年からのドラフト戦略が実を結び、
課題の投手陣も充実してきた。
この球団はケガさえなければ・・・というところなので、
投手陣に大きな離脱がない場合、去年のようなことは起こらないと思うが。
外野陣は豪華だが、やや守備に不安が残る。
内野の層に比べ、外野守備の層が薄いため、トレードで補強しても良いかもしれない。

・先発
★★★☆☆
・リリーフ
★★☆☆☆
・捕手
★★★☆☆
・内野
★★★★★
・外野
★★★★☆
・総合評価
★★★☆☆(上位に入るには投手が鍵)

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top