やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

2016開幕直前!12球団戦力分析 埼玉西武ライオンズ

2016開幕直前!12球団戦力分析 埼玉西武ライオンズ

プロ野球も開幕まであと残り僅か!今年も戦力分析がスタート。シーズン途中までは好調も、終われば昨年パリーグ4位になってしまった埼玉西武ライオンズ。

先発

確定

岸孝之、菊池雄星、十亀剣、牧田和久、野上亮磨、バンヘッケン

候補

郭俊麟、多和田真三郎、誠、高橋光成

開幕ローテはまだ明らかではないが、この6人でしばらく回す可能性は高い。岸・菊池・十亀・牧田の実績ある4本柱は心強い。そこに野上・バンヘッケン・高橋光成らが争う形。オープン戦打ち込まれている高橋光成は開幕ローテから外される可能性が高い。2年目の郭や、5月以降復帰するルーキーの多和田など楽しみなメンツも多い。

リリーフ

中継ぎ・セットアッパー

増田達至、豊田拓矢、岡本篤志、佐野泰雄、武隈祥太、C.C.リー、バスケス

中継ぎ候補

郭俊麟、大石達也、藤原良平、岡本洋介、小石博孝、岩尾利弘、中崎雄太、宮田和希

クローザー

高橋朋己

リリーフ陣は新外国人のC.C.リーが評価を上げており、クローザーの可能性もある。オープン戦安定しており、軸になると心強い。昨年活躍した増田や武隈が安定してくると、弱点だったリリーフ陣はかなり整備されてくる。打線と先発は揃っているだけに、リリーフ次第となってくる。

捕手

レギュラー

炭谷銀仁朗

候補

星孝典、岡田雅利、上本達之

キャッチャーは炭谷が通年守ることになるだろう。森の守備機会がなくなるが、可能性はないか・・・。

一塁手

レギュラー

メヒア

候補

山川穂高

ファーストはメヒアで当確だが、オープン戦ここまで山川が絶好調。ファーストメヒア、指名打者に森が入るため守るところがないが、どこかで起用してほしいところ。

二塁手

レギュラー

浅村栄斗

候補

水口大地、木村昇吾

セカンドも浅村がレギュラー。育成上がりの水口が存在感を増しており、代走や守備で出場機会が増えることが期待される。

三塁手

レギュラー

中村剛也

候補

渡辺直人

サードも、中村が絶対的なレギュラーとしている。西武はショート以外はほぼ固定されているため、内野の控え陣は大体どのポジションも潰しがきく。特に、脇谷がいなくなった後に来た木村昇吾の存在は大きい。

遊撃手

レギュラー

外崎修汰

候補

木村昇吾、金子侑司、鬼崎裕司、永江恭平

ショートのレギュラーはキャンプからオープン戦まで安定している外崎が開幕スタメンほぼ当確。調子を落とせば、新加入の木村や、昨年までレギュラー争いをしてきた鬼崎や永江らが控えている。

左翼手

レギュラー

栗山巧

候補

竹原直隆、大崎雄太朗

レフトは栗山。そろそろ衰えが不安なところだが、何もなければ通年レギュラーとしていることになる。

中堅手

レギュラー

秋山翔吾

候補

田代将太郎、斉藤彰吾

センターは秋山。昨年ほどの活躍を望むのは酷だが、今年も3割以上は期待したいバッター。

右翼手

レギュラー

坂田遼

候補

木村文紀、熊代聖人

ライトが流動的であり、オープン戦好調の坂田が就く可能性が高い。他にも熊代や木村が可能性はあるが、絶対的な選手はいえず、かといって補強もしていないため不安の残るポジション。

指名打者

森友哉

指名打者は、今年も森だろう。できれば森は2軍で捕手として育成し、メヒアか山川辺りをDHで起用したいが、人気や打力を考えると外せないところ。。

スターティングメンバー

基本的にはこのオーダーとなる。ショートとライトが流動的ではあるものの、打力的には問題のないオーダー。

1(中)秋山翔吾
2(左)栗山巧
3(二)浅村栄斗
4(三)中村剛也
5(一)メヒア
6(DH)森友哉
7(右)坂田遼
8(捕)炭谷銀仁朗
9(遊)外崎修汰

総評

打力は問題ないだけに、投手陣が一番不安な西武。それも、先発陣も揃っているだけに、どうしてもリリーフに絶対的な存在がいないのは苦しい。クローザーの高橋朋己も、昨年終盤は疲れが見えて取りこぼすことが多かった。新加入のC.C.リーや若手の底上げなどがあれば戦力としては楽しみな球団ではあるのだが。総合評価は★4つとしたものの、3に近い4である。

先発
★★★★☆
リリーフ
★☆☆☆☆
捕手
★★★★☆
内野
★★★★☆
外野
★★★★☆
総合評価
★★★★☆

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top