やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

2016開幕直前!12球団戦力分析 福岡ソフトバンクホークス

2016開幕直前!12球団戦力分析 福岡ソフトバンクホークス

プロ野球も開幕まであと残り僅か!今年も戦力分析がスタート。まずは、昨年日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスから。

先発

確定

攝津正、バンデンハーク、和田毅、武田翔太、千賀滉大

候補

中田賢一、東浜巨、岩嵜翔、松坂大輔、寺原隼人、大隣憲司、山田大樹

ソフトバンクの先発は、この5枚はまず固い。この5人を基本線に、谷間の先発やケガがあった際の人員として豪華な面子が並ぶ。中田も大隣も昨年は十分働いており、その投手が谷間に追いやられる状況である。まぁ、この2人はケガの状態もあるが・・・。東浜・岩嵜・山田の5人は、毎年期待されつつ裏切っているだけに、今季は見返したいところだ。

リリーフ

中継ぎ・セットアッパー

五十嵐亮太、森唯斗、飯田優也、二保旭、森福允彦、柳瀬明宏、バリオス、スアレス

中継ぎ候補

加治屋蓮、岩嵜翔、寺原隼人、巽真悟、島袋洋奨、星野大地、嘉弥真新也

クローザー

サファテ

リリーフ陣も盤石な布陣。蓄積疲労と年齢が気になるが、セットアッパー五十嵐、クローザーサファテの布陣は固い。そこに、森や飯田、バリオスらが絡む。外国人枠の関係でどうなるかわからないが、スアレスもオープン戦無失点投球を続けており、こちらも期待がかかる。岩嵜や寺原は中継ぎもできるだけに、先発からあふれたら、ロングリリーフ候補になりうる。

捕手

レギュラー

高谷裕亮、細川亨、鶴岡慎也

候補

斐紹、拓也

キャッチャーは第3捕手まで固いが、斐紹はオープン戦でも優先的に起用されているため、この3人うち誰かを割って入ることは十分考えられる。やや決め手に欠ける捕手陣だが、シーズン回せるだけの人材は揃っている。

一塁手

レギュラー

内川聖一

候補

吉村裕基、江川智晃、猪本健太郎

ファーストはコンバートした内川が基本線だが、カニザレスが入り、内川がDHやレフトに就くなど、そういった布陣も考えられる。中村晃も守れるため、臨機応変に対応可能なポジション。

二塁手

レギュラー

本多雄一

候補

高田知季、金子圭輔、川島慶三、明石健志

セカンド争いが熾烈だが、オープン戦好調な本多がしばらくセカンドに就くのではないだろうか。川島・明石など昨季活躍したバックアップもいるため、層が厚い。

三塁手

レギュラー

松田宣浩

候補

吉村裕基、塚田正義

サードは残留した松田が不動のレギュラー。離脱時でも、吉村が控えているし、川島や明石も守れるポジション。

遊撃手

レギュラー

今宮健太

候補

高田知季、金子圭輔

今宮が不動で就いているが、昨季のような打撃不振が続くようだと、川島や高田がショートに就くことも十分考えられる。ただ、守備力を考えると今宮で間違いない。

左翼手

レギュラー

長谷川勇也

候補

内川聖一、塚田正義

レフトは昨季内川が守っていたポジションだが、足の状態が万全に近づいている長谷川が、オープン戦はレフトを守っている。開幕もおそらくこういう形になるのではないだろうか。

中堅手

レギュラー

柳田悠岐

候補

城所龍磨、川島慶三、福田秀平、上林誠知、牧原大成

センターは柳田だが、怪我の状態を考慮すると、開幕からしばらくは柳田がDHに入り、センターには福田や上林、川島辺りが就くのではないだろうか。福田が好調のようだと、そのままライトのレギュラーとして戦うこともできる。

右翼手

レギュラー

中村晃

候補

江川智晃、福田秀平

ライトは中村晃が就く可能性が高いが、ファーストも守れるため、この辺りは流動的。長谷川・福田辺りが就く可能性も高いポジション。

指名打者

カニザレス

指名打者は、開幕からしばらく柳田になるだろう。しかし、その後はどうだろう?内川をDHに入れ、外野を長谷川・柳田・福田辺りで回す可能性も高い。一応カニザレスを入れてみたが、フルシーズン戦ったことがなく、どうなるかわからないポジションでもある。

スターティングメンバー

柳田のケガが万全になれば、下記のようなスタメンがベストメンバーになると思われる。

1(右)中村晃
2(二)本多雄一
3(中)柳田悠岐
4(一)内川聖一
5(左)長谷川勇也
6(三)松田宣浩
7(DH)カニザレス
8(遊)今宮健太
9(捕)髙谷裕亮

福田や上林辺りが使えるようだと、下記のようなオーダーも可能。

1(右)福田秀平(上林誠知)
2(二)本多雄一
3(中)柳田悠岐
4(DH)内川聖一
5(左)長谷川勇也
6(三)松田宣浩
7(一)中村晃
8(遊)今宮健太
9(捕)髙谷裕亮

柳田のケガが万全になるまでは、開幕からしばらくは下記のようになるのではないだろうか。

1(中)福田秀平(上林誠知)
2(二)本多雄一
3(DH)柳田悠岐
4(一)内川聖一
5(左)長谷川勇也
6(三)松田宣浩
7(右)中村晃
8(遊)今宮健太
9(捕)髙谷裕亮

代打でカニザレスも使える、豪華な布陣である。

総評

ここまでオープン戦も順調に来ており、投打とも充実しているソフトバンク。李大浩が抜けた穴を全く感じさせない。しかし、やはり.280・30本の穴は大きいはずで、仮にレギュラーの誰かがケガで離脱するとなると、少し不安の残るメンバーであることも確か。昨年ほどの独走はないだろうが、どこかに大崩れがない限りは今年も優勝候補である。

先発
★★★☆☆
リリーフ
★★★★★
捕手
★★☆☆☆
内野
★★★★☆
外野
★★★★★
総合評価
★★★★☆

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top