やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

DHが空いたソフトバンク、カニザレスの出番は来るか?

DHが空いたソフトバンク、カニザレスの出番は来るか?

出典:http://www.nikkansports.com/

李大浩が退団したことで、DH・一塁が空いたソフトバンク。李大浩は昨年、ファーストに54試合、DHに87試合出場した。1塁は、中村晃など守れる選手も多く、どちらかというとぽっかり空いたポジションはDHの方が大きいか。

そこで、白羽の矢が立つのがバーバロ・カニザレス。カニザレスは2013年オフにソフトバンクに入団。DHとして期待されるも、その後李大浩が入団したことにより、バックアップ要員に。2014年、2015年の2シーズンを過ごしたが、ほとんど2軍の出場がメインであり、2014年は8試合、2015年は14試合にとどまっている。

それでも、2軍では結果を残しており、主軸として90試合に出場し、打率.324、ホームランも18本放っており、OPSも.954と圧倒している。2014年も、70試合に出場し打率.302で本塁打は8本。OPSが.908と、これまた好成績を残している。

1軍でも、2シーズンで合計22試合ながらも、昨季は初本塁打も放っており、打率も3割を超えている。長距離砲というより、どちらかというとホームランも打てるアベレージ型という選手。

外国人枠も、投手はバンデンハーク、サファテ、バリオスでほぼ確定だろうが、野手は1枠余っている状況。現在新外国人は調査中ではあるが、このまま行くと、カニザレスが1軍にいる可能性は高い。2軍で結果を残している猪本など、ライバルは多いが、DHとして、初のフルシーズン戦うことができるだろうか?

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top