やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

巨人・マイコラスが右肩治療で一時帰国…開幕ローテや外国人枠はどうなる?

巨人・マイコラスが右肩治療で一時帰国…開幕ローテや外国人枠はどうなる?

巨人のマイコラス投手(27)が、右肩の治療のためにアメリカに一時帰国したことがわかった。マイコラスは、宮崎キャンプ中に右肩に違和感を訴え2軍キャンプのリハビリ組で調整を続けていた。現在まで調整段階でしかなく、開幕ローテーションからは外れていた。15日に再来日する予定だが、1軍復帰は未定の状態であり、いつ合流できるかはまだわからない。

これで、巨人はマイコラスが復帰するまで、外国人を

投手:ポレダ、マシソン
野手:ギャレット、クルーズ

の4人体制で臨むことになる。マシソンは当初先発調整を続けていたが、マイコラスが不在のため、再びリリーフに回ることが有力。マイコラス復帰後は、この中から調子の悪い選手が2軍に落ちることが予想される。

開幕ローテの軸であったマイコラスが抜けたことは痛い。これで、巨人の開幕ローテーションは、

菅野、ポレダ、高木勇人、桜井、田口、内海

辺りが有力。ただ、内海は6日のオープン戦で4回6失点と打ち込まれており、本調子ではない。そのため小山や若手の今村辺りが候補に挙がってくる。調子次第では、マシソンがそのまま先発候補として開幕ローテ入りする可能性もある。とはいえ絶対的な面子とは言い難く、ベテラン勢の大竹や杉内が故障していることが、ここにきて大きく影響している。

マイコラスがいつ復帰するかは現時点では未定。15日の再来日を待つ他にはない。それまでは現状の選手でやり繰りするしかないようだ。オープン戦で好結果を残す選手を待ちわびたい。

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top