やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

開幕直前!12球団戦力分析 北海道日本ハムファイターズ

開幕直前!12球団戦力分析 北海道日本ハムファイターズ

12球団戦力分析。今回は昨年3位の日本ハム。


昨年3位に終わった日本ハム。
CSでは、オリックスに勝ち、ソフトバンクと対戦。
惜しくも、日本シリーズはならず。
オフには外国人選手を次々と獲得、
FAで大引・小谷野が抜けましたが、田中賢介が出戻り。
FAの穴を埋められるか、注目。


先発


確定


大谷、メンドーサ、上沢、浦野


候補


木佐貫、武田勝、中村勝、吉川、斎藤佑樹、有原、新垣

大谷・メンドーサ・上沢・浦野のローテはほぼ確定。
ここに、木佐貫、中村勝、武田勝の3人が、2枠を争う。
2軍にも、元MVPの吉川、斎藤佑樹も控えている。
また、有原も、ケガの状態が気になるところだが、
ゴールデンウィーク辺りには1軍に上がれる可能性もあり、
楽しみなメンツである。


リリーフ


中継ぎ・セットアッパー


宮西、クロッタ、谷元、鍵谷、矢貫、ガラテ、瀬川、乾、白村、河野、藤岡、森内、増渕、石井、屋宜、大塚、榎下、武田久、高梨、斉藤勝


抑え


増井

抑えは今年も増井。
武田久がケガで、しばらく一軍復帰が厳しい状況。
そのため、リリーフも、
宮西・クロッタ・谷元を中心に回っていくこととなる。
ガラテはここまでオープン戦好投を続けているが、
外国人枠は既にメンドーサ・クロッタ・レアード・ハーミッダで埋まっており、
どこまで食い込めるかという形。
クロッタが昨年より劣る内容、もしくは、いまいち結果を残せていないレアードが
シーズンでもそのままなようだと、ガラテがリリーフ陣に食い込んでくる可能性もある。


捕手


大野、市川、近藤、石川亮、荒張、大嶋、中嶋、清水

捕手陣は、大野、市川がケガで開幕に間に合うか微妙な状況。
近藤、石川亮ら若手で埋めていかなければ厳しい状況となっている。


内野手


一塁手


中田、北

中田は一塁固定。
レフトに回る可能性もあるが、
基本的には一塁で行くだろう。


二塁手


田中、飯山、杉谷、松本、森本、高濱

セカンドに田中賢介が復帰することにより、
それまで守っていた西川が、サード・外野へ。


三塁手


レアード、西川、飯山、杉谷、高濱

サードは、守備が上手いレアード。
ただ、打撃で苦しんでおり、結果が出ないようであれば、
外国人投手を3人に、野手はハーミッダのみにするケースも考えられ、
その場合は西川がサードを守ることになる。


遊撃手


中島、飯山、渡辺、松本、森本

大引が抜けたショートには中島が。
内野のバックアップは、飯山を中心に、
外野もできる杉谷が控えるも、
大引がいないのはやはり痛いのではないだろうか。
金子も引退して、どうしても内野の層が薄くなった印象を受ける。


外野手


左翼手


西川、鵜久森、浅間


中堅手


陽岱鋼、杉谷、岸里、宇佐美


右翼手


岡、大谷、佐藤、杉谷、谷口、石川

西川はレフト。西川がサードに回るようだと、
ここに佐藤や谷口が入ることになるかもしれない。
ライトは大谷と岡を交互に起用すると思う。
陽岱鋼以外が、流動的で確定的なメンツではないため、
不安要素は残るが、日本ハムの場合、
穴を埋める選手たちがそこそこの成績を残すため、
上位にも入らないが下位にもならないケースが多い。


DH


ハーミッダ、大谷、北、鵜久森

オープン戦でも結果を残しているハーミッダがDH。
大谷がDHに入る場合、ハーミッダを外野へ起用することになる。


総評


粒揃いの日本ハム。
大谷・陽・中田と絶対的な選手がいるものの、
その他がそこそこの成績を残す選手が多く、
3位・4位辺りで終わる可能性が非常に高いチーム。
全く結果が残せない選手が少ないため、下位に行く可能性は低いということではあるが。
上位に行くには、その辺りの選手たちの残す成績にかかっている。
特に、外国人野手が活躍するようだと、優勝争いに加わっても不思議ではない。

・先発
★★★★☆
・リリーフ
★★★☆☆
・捕手
★★★☆☆
・内野
★★☆☆☆
・外野
★★★☆☆
・総合評価
★★★☆☆(大谷に続く先発陣が結果を残せるか)

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top