やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

2016開幕直前!12球団戦力分析 東北楽天ゴールデンイーグルス

2016開幕直前!12球団戦力分析 東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球も開幕まであと残り僅か!戦力分析シリーズは残すところ残り2球団。昨年パリーグ最下位の東北楽天ゴールデンイーグルス。

先発

確定

則本昂大、塩見貴洋、美馬学、辛島航、ブリガム

候補

レイ、濱矢廣大、小野郁、森雄大、安樂智大、釜田佳直、川井貴志、入野貴大、横山貴明、菊池保則、山内壮馬

先発4本柱は則本・塩見・美馬・辛島となることがほぼ確定。残る2人は、新外国人のブリガムや森、釜田辺りが有力。できれば、ここに安楽も加わって欲しかったが・・・。

リリーフ

中継ぎ・セットアッパー

福山博之、戸村健次、武藤好貴、青山浩二、リズ

中継ぎ候補

金刃憲人、石橋良太、長谷部康平、西宮悠介、ミコライオ、加藤正志、相原和友、金無英、相沢晋

クローザー

松井裕樹

リリーフは、松井含めたこの6人の可能性が高く、後はルーキーの石橋も好調でここに入ってくる可能性が高い。新外国人のリズも結果を残しており、松井までつなぐリリーフ陣は整ってきている。

捕手

レギュラー

嶋基宏

候補

小関翔太、足立祐一、川本良平、伊志嶺忠

キャッチャーはレギュラー嶋に、2番手捕手は守備に不安のある小関にかわって足立になるだろう。打力のある伊志嶺もいるため、ここまで第3捕手として控えておける。

一塁手

レギュラー

銀次

候補

栗原健太、伊東亮大、伊志嶺忠

サードに今江が加入し、ウィーラーも守れるため、銀次はファーストに専念することが予想される。栗原も好調だっただけに、代打やDHで使いたいところだが。

二塁手

レギュラー

藤田一也

候補

阿部俊人、三好匠、岩崎達郎、吉持亮汰

セカンドは藤田がレギュラー。ルーキーの吉持や茂木の加入で内野の層が厚くなった。仮に藤田が離脱しても彼らが使えるし、若手の三好も控えている。

三塁手

レギュラー

今江敏晃、ウィーラー

候補

中川大志

サードは今江が守り、ウィーラーはレフトとなるだろう。アマダーが怪我で離脱していることもあり、外国人枠は投手2、野手2で戦うはずだ。

遊撃手

レギュラー

茂木栄五郎

候補

吉持亮汰、後藤光尊、哲朗

ショートは争いが激しかったが茂木が一歩リード。更に吉持・後藤・哲朗も控えており、層が厚い布陣である。元々茂木はサード。仮に今江が怪我で離脱しても、そこから漏れた選手をサードで使うことができることは頼もしい。

左翼手

レギュラー

ウィーラー、ゴームズ

候補

枡田慎太郎、フェルナンド、北川倫太郎

レフトはウィーラーが入り、ゴームズとなるだろう。仮にアマダーが復帰するとなると、サードにウィーラーが回ることになりアマダーはDHとなるが、そうなると今江か銀次のポジションがなくなってしまう。どちらかが不在であればそれもできるが、万全の状態でそれはやりづらく、この3人の外国人のうち1人は2軍の可能性が高い。

中堅手

レギュラー

松井稼頭央

候補

オコエ瑠偉、聖澤諒

センターはベテランの松井稼頭央。オコエはまだ早いか。聖澤もおり、復活できればセンターに定着できるが、ベテランの松井に頼るチーム構成は変わらないか。

右翼手

レギュラー

岡島豪郎

候補

福田将儀、牧田明久、島内宏明

ライトは岡島。昨年の不振を取り戻せるかが鍵。

指名打者

ゴームズ、アマダー

アマダーが怪我で出遅れているためゴームズになる。基本的に外国人枠は投手2:野手2という構成だろう。

スターティングメンバー

開幕オーダーは下記になるだろうか。そのまま今年はこういうオーダーで戦っていくだろう。変更があるとすれば外国人選手の入れ替えや、ショートの状況によっては吉持・後藤・哲朗辺りが入ってくるところか。

1(右)岡島豪郎
2(一)銀次
3(中)松井稼頭央
4(左)ウィーラー
5(三)今江
6(遊)茂木栄五郎
7(DH)ゴームズ
8(二)藤田一也
9(捕)嶋基宏

総評

先発は計算できる投手が則本くらいであり、塩見・美馬・辛島辺りは確定こそしているものの、シーズン全体で見た時どうなるかわからない。ここに安楽・森・釜田などの若手が入ってくるとまた面白くなるが、先発陣のメンツは現状不安要素が高い。対してリリーフ陣はある程度メンツは揃っており、リードしてさえすれば安心できる布陣ではある。

野手陣は、ルーキーや今江の加入で層はかなり厚くなった。まだ絶対的な選手が不足しているものの、それは未知数であることもあるため、新加入の選手たちが活躍すれば、上位も狙えるはず。

先発
★★☆☆☆
リリーフ
★★★★☆
捕手
★★★★☆
内野
★★★☆☆
外野
★★☆☆☆
総合評価
★★☆☆☆

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top