やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

2016開幕直前!12球団戦力分析 オリックス・バファローズ

2016開幕直前!12球団戦力分析 オリックス・バファローズ

プロ野球も開幕まであと残り僅か!今年も戦力分析がスタート。昨年パリーグ5位のオリックス・バファローズ。

先発

確定

金子千尋、ディクソン、西勇輝、東明大貴、近藤大亮

候補

松葉貴大、佐藤峻一、吉田一将、山崎福也、近藤一樹

今年は昨季故障で開幕時不在だった金子が開幕からいることは大きい。シーズン通して4本柱が形成でき、ここにルーキーの近藤大が候補として上がっている。6人目は、近藤一や2年目の山崎を持ってくることが予想される。

リリーフ

中継ぎ・セットアッパー

佐藤達也、平野佳寿、岸田護、海田智行、白仁田寛和、塚原頌平、赤間謙、大山暁史

中継ぎ候補

ミッシュ、小松聖、比嘉幹貴、高木伴、坂寄晴一、森本将太

クローザー

コーディエ

今年はクローザーに新外国人のコーディエが就く。ここがどこまで働けるかだが、オープン戦はここまで結果を出しており、このままシーズンへ行けばある程度の活躍が予想される。中継ぎに回った平野や昨年不調だった佐藤達也が昨年のような感じだと今年も苦戦するかもしれない。先発が整っているだけに、リリーフ陣の復活が期待される。

捕手

レギュラー

伊藤光

候補

伏見寅威、齋藤俊雄、山崎勝己、田中大輔

キャッチャーは通年伊藤光。山崎が2番手捕手として控えており、盤石な布陣。

一塁手

レギュラー

中島裕之、小谷野栄一

候補

モレル、T-岡田

ファーストは開幕から小谷野が守るだろうが、安達が復帰すれば中島がファーストに就く可能性が高い。その辺りは、ベテラン勢の調子にもよるだろう。

二塁手

レギュラー

西野真弘

候補

原拓也、岩崎恭平、小島脩平

セカンドは怪我でシーズン後半を棒に振った西野。オリックスは二遊間を守れる選手が多いため、西野が働けなくとも、代わりの選手が出てくることが期待できるメンツ。

三塁手

レギュラー

モレル

候補

原拓也、小谷野栄一

サードは新外国人のモレルがオープン戦好調。仮にモレルがこけても、小谷野や二遊間からあぶれた選手を使えるポジションでもある。

遊撃手

レギュラー

安達了一

候補

中島裕之、大城滉二、縞田拓弥、鈴木昂平

ショートは開幕からしばらくは中島が守るだろうが、安達の早期復帰が期待できる状況にあるため、復帰次第、中島はファースト辺りに回るだろう。守備範囲を考えると、安達は外せない。

左翼手

レギュラー

T-岡田

候補

吉田正尚、川端崇義

レフトはT-岡田だろう。ファーストを守る機会もあるだろうが、小谷野や中島がいるためそんなに多くはないはず。T-岡田がファーストに回れば、ルーキーの吉田らにもチャンスが回る。

中堅手

レギュラー

ボグセビック

候補

駿太、小田裕也

センターは新外国人のボグセビック。オープン戦好調であり、センターにつくのはほぼ確定。駿太は今年出番が減るか?

右翼手

レギュラー

糸井嘉男

候補

宮崎祐樹、中村一生、川端崇義、杉本裕太郎

ライトは糸井を置いたが、糸井がDHに回ればオープン戦好調な宮崎か川端、ルーキーの吉田にもチャンスがある。糸井は通年ライトは厳しいだろうか。

指名打者

ブランコ、糸井嘉男

オリックスの外国人は、投手はディクソンとコーディエが確定。となると、野手にさけるのは2人であり、現状モレルとボグセビックが有力。となると、ブランコは1軍にいることはできず、2軍となってしまう。悩ましいのは、3人ともオープン戦ある程度結果を残しているということ。ブランコがあぶれれば糸井。糸井が守備につけば、中島辺りがDHに回るだろうか。

スターティングメンバー

安達不在の開幕オーダーは下記になるだろうか。糸井が守備につくことも予想されるため、その辺りがやや流動的。

1(二)西野真弘
2(一)小谷野栄一
3(DH)糸井嘉男
4(三)モレル
5(中)ボグセビック
6(遊)中島宏之
7(左)T-岡田
8(右)宮﨑祐樹or川端崇義
9(捕)伊藤光

安達が復帰した際は、下記のようなオーダーになるか。宮崎や川端が好調の場合、外野の守備に就き、岡田がファースト守ることもあるだろう。誰か選手を固定というわけではなく、調子を見ながら変えていく可能性が高そうだ。

1(二)西野真弘
2(遊)安達了一
3(右)糸井嘉男
4(DH)モレル
5(中)ボグセビック
6(一)中島宏之
7(左)T-岡田
8(三)小谷野栄一
9(捕)伊藤光

総評

先発は計算できる投手が4枚揃っているなど充実している。ここにルーキーの近藤大亮が結果を出すようだと先発陣はかなり層が厚くなる。後はリリーフ陣が復活するかどうかだが、守護神候補のコーディエがまだ未知数など、シーズンが始まってみないとなんとも言えないところ。

野手陣は、ベテランや怪我持ちの選手がスタメンに多く、年間通しての定着を期待できないこともあり、いくつかの選手を併用しながら戦うこととなる。怪我がなければ素晴らしいネームが揃う布陣ではあるが、どこまで期待できるか。ルーキーの吉田や新外国人勢が台頭してくるようだと上位も見込める。

先発
★★★★☆
リリーフ
★★★☆☆
捕手
★★★★☆
内野
★★★☆☆
外野
★★★☆☆
総合評価
★★★☆☆

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top