やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

【3/3オープン戦試合まとめ】広島岡田、ヤクルト原、ソフトバンク千賀好投・楽天安樂大炎上・ロッテ井上大暴れなど

【3/3オープン戦試合まとめ】広島岡田、ヤクルト原、ソフトバンク千賀好投・楽天安樂大炎上・ロッテ井上大暴れなど

楽天1-8西武

okoehttp://headlines.yahoo.co.jp/

楽天は開幕ローテ候補の安楽が先発するも、3回を投げて11安打、山川に本塁打を浴びるなど7失点と大炎上してしまった。続く加藤も山川に2打席連続本塁打を浴び2回1失点。その後は辛島が2回無失点、古川が1回無失点、新外国人リズが1回無失点に抑えた。打線は新外国人のゴームズが1回にヒットを放つなど2打数1安打、ウィーラーがタイムリーを放ち3打数1安打1打点。ルーキー勢では、茂木が7番ショートで出場し3打数1安打、オコエが8番センターで3打数1安打だった。

西武は菊池が先発し5回4安打2四球2三振1失点の好投。その後も、増田が1回無失点、野上が2回無失点、岩尾が1回無失点と、それぞれ被安打は0に抑えた。打線はショートのレギュラーを狙う2年目の外崎が4打数1安打。山川が6番ファーストで出場し2打席連続ホームランを放つなど5打数3安打3打点の大活躍。打線全体でも15安打8得点を奪い、好調だった。

オリックス11-9ロッテ

inouehttp://headlines.yahoo.co.jp/

オリックスは佐藤峻一が先発し5回6安打3失点で勝ち投手に。その後は岸田と大山が1回無失点も、高木と塚原がそれぞれ1回3安打を浴び3失点といまいちな内容だった。打線は外国人勢に明暗。新外国人おボグセビックは3打数無安打も、モレルは4番サードで出場し2打数1安打、ブランコは6番DHで出場しホームランを放つなど2打数2安打1打点の活躍。2年目の西野が4打数1安打1打点、小田が3打数2安打1打点とそれぞれ活躍。ショートで出場している中島は2打数無安打も、途中でショートに入った縞田は2打数2安打1打点だった。宮崎が3ランを放つなど4打数1安打3打点の活躍。

ロッテはエース涌井が先発するも3回7安打4失点と不安を残す内容。その後は藤岡が2回無失点、黒沢が1回無失点に抑えた。戦力外から入った田中靖洋が1回投げるも宮崎に本塁打を打たれ1回3失点。その後香月が投げ1回6安打4失点(自責2)という内容だった。打線は好調の井上が4番ファーストで出場し3ランを放つなど5打数2安打4打点の活躍。8番キャッチャーで入った吉田が5打数3安打1打点だった。

ソフトバンク3-3阪神

sengahttp://headlines.yahoo.co.jp/

ソフトバンクは開幕ローテ候補の千賀が先発し4回3安打3三振で無失点に抑える好投。しかしその後は加治屋が2回5安打3失点の乱調。柳瀬、岡本、サファテはそれぞれ1回無失点に抑えた。打線は吉村が2打数2安打2打点の活躍。ケガから復帰の長谷川は2打数1安打、柳田は3打数1安打。若手の上林は2打数無安打だった。

阪神は岩田が先発し5回5安打3失点の内容。その後は鶴が1回無失点、榎田が2回無失点、新外国人のマテオが1回無失点と好投した。打線は若手が躍動。緒方が3打数2安打、陽川が4打数1安打、横田が4打数2安打1打点、そしてルーキーの高山が同点タイムリーを放つなど4打数1安打1打点の活躍だった。

中日2-4広島

okadahttp://headlines.yahoo.co.jp/

中日はルーキーの福が先発し3回5安打を浴びるも3三振1失点(自責0)に抑える粘りの投球。その後は岩田が3回無失点、田島と福谷が1回無失点だった。3番手で登板した金子が1回3安打、エルドレッドに本塁打を浴びるなど2失点で負け投手。打線は新外国人のビシエドが4番ファーストで出場し3打数1安打。ルーキーの木下が3打数1安打、高橋周平が9回にタイムリーを放つなど4打数1安打1打点だった。平田にホームランが出た。

広島はルーキーの岡田が先発し3回1安打無失点、同じくルーキーの横山が2番手で登板し4回4安打2三振1失点と好投した。新外国人のヘーゲンズが1回無失点、西原が最終回を投げ1回1失点だった。打線は新加入のルナが4番サードで出場するも3打数無安打と、未だオープン戦ヒットがない状況。プライディは5番レフトで出場しタイムリーを放つなど3打数1安打1打点だったが、他2打席は三振だった。野間が4打数2安打、ルーキーの西川が2打数1安打と若手が活躍。7回に代打で出場したエルドレッドがオープン戦3本目のホームランを放った。

DeNA1-2ヤクルト

harahttp://headlines.yahoo.co.jp/

DeNAは開幕投手の山口が先発し5回を投げ5安打5三振で無失点のピッチング。その後は小林が2回3安打2失点(自責1)も、田中と山崎康晃は1回無失点の内容だった。打線はロペスがホームランを放つなど4打数3安打1打点の活躍。新外国人のロマックは5番サードで出場し3打数1安打1四球。2年目倉本は6番ショートで出場し2打数1安打、飛雄馬は7番セカンドで出場し4打数1安打だった。

ヤクルトはルーキーの原が先発し4回4安打2三振で無失点に抑える好投。その後新外国人のルーキが1回無失点に抑え勝ち投手。新外国人のペレス、岩橋、寺田が1回を投げ無失点。九戸は8回に1イニング投げるもロペスに本塁打を打たれ1失点の内容。打線は好調坂口が2番DHで3打数2安打の活躍。ルーキーの山崎は9番センターで出場するも4打数無安打。昨年トリプルスリーの山田は3打席連続三振と、心配な内容だった。

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top