やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

【ニュース】巨人・内海投手の今年の漢字は「復」!復活なるか?

【ニュース】巨人・内海投手の今年の漢字は「復」!復活なるか?

昨季は、故障で1軍定着後自己最低の成績に終わってしまった巨人・内海哲也投手。今年の漢字を「復」と決め、復活を意気込む。

巨人内海哲也投手(33)が、今年の漢字を「復」に決めた。5日、羽田空港から山口、小山らとともに自主トレ先の沖縄に出発。一昨年、昨年と不本意なシーズンだったが、新たな年を迎え、誓いを1文字に示した。「復活の“復”。それに尽きる」と宣言。

画像・記事引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160106-00000026-nksports-base

内海投手の年度別成績は以下のとおり。

utsumi-score今季は故障の影響もありわずか5試合の登板にとどまる。これは、ローテに入った2005年以来最小の数字。今季はほぼ2軍で過ごし、2軍での成績も

13登板 2勝5敗 73.0回 40奪三振 防御率3.33

という、なんとも微妙な数字に終わっている。巨人のローテは、菅野・マイコラス・ポレダ・高木勇と4枚が確定。残りは、田口、大竹、小山、宮國、新人の桜井が争いに加わる。杉内もいるが、ケガのため、復帰は後半戦以降となる可能性が高い。この中では、実績は群を抜いている内海。調整が万全なら、十分まだローテ投手として復活できるだけに、復活を期待したい。

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top