やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

【ニュース】中日・大野投手が将来のメジャー挑戦を希望か

【ニュース】中日・大野投手が将来のメジャー挑戦を希望か

中日ドラゴンズの大野雄大投手(27)が、将来的なメジャー挑戦を希望していることが話題になっている。

「メジャーは世界一のレベルだと思っている。(いずれ)そこでやってみたい」。そのために「まずは(ポスティングできるような)そういうレベルにならなきゃいけない」と2016年シーズンでのさらなる飛躍を誓った。

画像・記事引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160102-00000020-tospoweb-base

メジャー移籍の決まった前田健太、メジャーで活躍する田中将大とは同世代。この活躍に刺激を受けたことに加え、日本代表として世界を相手に投げた経験も大きいか。大野が、日本で残している成績は以下のとおり。

onoscore佛教大学4年次に肩を痛めており、リハビリのため1年目は1試合のみ。本格的に戦力となったのは3年目の2013年から。そこからはローテーションに定着し、3年連続二桁勝利を達成。防御率も、3.81→2.89→2.52と、年々良くなっている。このまま、2ケタ勝利を続け、防御率も1点台~2点台前半まで伸ばすことができれば、メジャーで活躍することも十分可能かもしれない。

メジャー球団への移籍が可能となる海外FA権の取得は最短でも5年後の2020年。大野が32歳の年であり、メジャーのシーズンは33歳で戦うことになる。メジャー挑戦するには少々高齢であるため、それより早くポスティングでの挑戦となるだろう。そうなると、ここ2、3年が勝負となるか。今後の活躍に期待したい!

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top