やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

【新外国人分析】DeNAが新外国人選手・ジェイミー・ロマック三塁手(30)を獲得

【新外国人分析】DeNAが新外国人選手・ジェイミー・ロマック三塁手(30)を獲得

横浜DeNAベイスターズは、新外国人選手として、ジェイミー・ロマック三塁手(30)を獲得したことが発表された。右投げ右打ちの三塁手で、バルディリスが退団したあとのサードを守る人材として期待される。

成績を紐解く

romak2014年にメジャーデビューも、なかなか壁が打ち破れない中での来日。マイナーでの成績は毎年向上しており、期待が持てるが、所属が打高投低のパシフィック・コーストリーグ(PCL)ということを考慮しなければならない。それを考えると、本塁打は10本後半~20本前半の選手であり、長距離というよりは中距離打者ということがわかる。三振数もそれなりにしており、その分出塁率が高いので、球をしっかり選んでいることがうかがえる。

一方で、表には記載していないが、マイナー通算のサードの守備率は.929。今シーズンも、三塁の守備率は.950であり、今シーズンのバルディリスの.985と比べると、なんとも心許ない数字である。はたして、バルディリスの代わりとなるサードとなりうるかは、疑問の残るところ。

外国人枠を考える

来季のDeNAの外国人枠は、

投手:モスコーソ、エレラ
野手:ロペス、ロマック

となりそう。もう1人くらいは、投手を獲得しそうだが、野手はロペスが確定。あとは、サードとして、ロマックが定着できるかどうか。しかし、タイプが中距離なので、バリバリ30本を期待できる人材というわけではなく、今シーズンのバルディリスの成績である打率.258、13本塁打、56打点は最低ラインとなる。今年のロペスくらい残せば合格点だろうか(打率.291、25本塁打、73打点)。サードとしての守備が崩壊しているので、日本でどうなるか?サード失格でファーストに回されても、ロペスがいる。まずは、守備から定着を図りたいところだが・・・。

 

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top