やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

【開幕スタメンまとめ】プロ野球昨日開幕!各球団の開幕オーダーはどうだった?

【開幕スタメンまとめ】プロ野球昨日開幕!各球団の開幕オーダーはどうだった?

プロ野球ファンにとって待ち遠しかったシーズンがついに開幕!楽しみにししてたファンは多いはず。2016年シーズンの1戦目が終了し、様々な感情が交じり合ったはずだ。

一つの注目でもある開幕投手、そして開幕オーダー。昨日の各球団の開幕オーダーはどんなものだったのか?まとめてみた。

画像出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

ソフトバンクの開幕スタメン

1(右)福田秀平
2(二)本多雄一
3(中)柳田悠岐
4(指)内川聖一
5(一)明石健志
6(三)松田宣浩
7(左)中村晃
8(遊)今宮健太
9(捕)斐紹

5番ファースト明石に驚いたファンは多いはず。内川がDHにいたことも影響してか、カニザレスや長谷川の出場はなく、則本に強いという理由で5番に座った。その明石は4打数無安打2三振。采配が的中したとはいえない結果に。

ヤクルトの開幕スタメン

1(中)上田剛史
2(三)川端慎吾
3(二)山田哲人
4(一)畠山和洋
5(右)雄平
6(左)坂口智隆
7(捕)中村悠平
8(遊)大引啓次
9(投)小川泰弘

バレンティンの故障の影響で坂口が6番レフトで出場。昨年とさほど変わらないが、迫力不足は否めず、1点のみで終わってしまった。

日本ハムの開幕スタメン

1(中)陽岱鋼
2(左)西川遥輝
3(二)田中賢介
4(一)中田翔
5(指)近藤健介
6(三)レアード
7(右)谷口雄也
8(捕)大野奨太
9(遊)中島卓也

オープン戦好調だった石川慎吾のスタメンも言われていたが、前日の2軍の試合で受けた死球の影響でスタメン落ち。ルーキーの横尾が7回に代打で登場するもセカンドゴロに倒れた。

巨人の開幕スタメン

1(右)長野久義
2(中)立岡宗一郎
3(遊)坂本勇人
4(一)ギャレット
5(二)クルーズ
6(左)亀井善行
7(三)村田修一
8(捕)小林誠司
9(投)菅野智之

ルーキーの重信はスタメン落ちし亀井が開幕スタメン。オープン戦優先的に起用された岡本も開幕1軍に残れず、村田が起用された。他には、阿部も2軍で、小林が起用。

ロッテの開幕スタメン

1(中)岡田幸文
2(三)高濱卓也
3(右)清田育宏
4(指)デスパイネ
5(左)角中勝也
6(一)井上晴哉
7(遊)鈴木大地
8(捕)吉田裕太
9(二)中村奨悟

ナバーロが復帰するまではセカンドは中村。開幕サードは高濱だった。荻野はスタメン落ちしてしまった。

阪神の開幕スタメン

1(左)高山俊
2(中)横田慎太郎
3(三)ヘイグ
4(右)福留孝介
5(一)ゴメス
6(遊)鳥谷敬
7(二)西岡剛
8(捕)岡崎太一
9(投)メッセンジャー

ルーキーの高山が1番レフト、若手の横田が2番センターで開幕。高山にはプロ初打席でヒットが生まれた。新外国人のヘイグはオープン戦心配されたが、第一打席でタイムリーを放った。

西武の開幕スタメン

1(中)秋山翔吾
2(左)栗山巧
3(指)メヒア
4(三)中村剛也
5(二)浅村栄斗
6(右)坂田遼
7(一)山川穂高
8(捕)炭谷銀仁朗
9(遊)外崎修汰

ライトに坂田、ファーストに山川が入り、森友哉はスタメン落ちした。森をスタメンで使わないのなら、2軍で捕手として育成してもらいたいが、それは叶わないのだろうか。

広島の開幕スタメン

1(遊)田中広輔
2(二)菊池涼介
3(中)丸佳浩
4(三)ルナ
5(左)エルドレッド
6(一)新井貴浩
7(右)下水流昴
8(捕)石原慶幸
9(投)ジョンソン

ライトのスタメンは下水流だった。若手という年齢でもないので、結果を出して欲しいところ。ルナが4番、5番はエルドレッドだった。

オリックスの開幕スタメン

1(指)吉田正尚
2(一)小谷野栄一
3(右)糸井嘉男
4(三)モレル
5(中)ボグセビック
6(遊)中島宏之
7(左)T-岡田
8(捕)伊藤光
9(二)西野真弘

ルーキーの吉田は1番DHで5打数2安打と活躍、新外国人のモレルは5打数3安打、ボグセビックは5打数1安打ながら先制の2点タイムリーを放つ活躍。安達が復帰したらショートに入るだろうが、その際中島はファーストを守るだろうか?そうなると小谷野のポジションが浮いてしまう。その時にどこまで布陣が固まっているだろうか。

中日の開幕スタメン

1(中)大島洋平
2(二)荒木雅博
3(遊)遠藤一星
4(一)ビシエド
5(右)平田良介
6(左)藤井淳志
7(三)高橋周平
8(捕)桂依央利
9(投)大野雄大

新外国人のビシエドは逆方向にホームランを放つ活躍。開幕戦で出た本塁打はこれと巨人の長野のみ。エルナンデスやナニータはスタメン落ち。

楽天の開幕スタメン

1(右)岡島豪郎
2(一)銀次
3(中)松井稼頭央
4(左)ウィーラー
5(三)今江敏晃
6(遊)茂木栄五郎
7(指)ゴームズ
8(二)藤田一也
9(捕)嶋基宏

岡島が4打数4安打3打点の大活躍。新加入の今江が2安打、新外国人のゴームズは無安打も、4打席で3つの四球。

DeNAの開幕スタメン

1(三)白崎浩之
2(中)荒波翔
3(一)ロペス
4(左)筒香嘉智
5(右)ロマック
6(遊)倉本寿彦
7(二)柴田竜拓
8(捕)戸柱泰孝
9(投)井納翔一

センターには荒波が入った。二遊間は倉本・柴田のコンビ。柴田はプロ初打席で初安打が2点先制タイムリー。

以上が、昨日の開幕スタメン。ここからどうスタメンが変化していくのか楽しみだ。パ・リーグはソフトバンク・楽天以外の4球団が8番にキャッチャーを置き9番に足の速い選手を置くオーダー。今後増えていくのだろうか。

ちなみに、野球が開幕すると楽しみになるのが週刊ベースボールなどの雑誌。オフシーズンの楽しみもあるが、やはりシーズン中の面白さは格別だ。

個別に買っていくのもいいが、おすすめしたいのが雑誌読み放題サービスを使うこと。「雑誌読み放題サービスのおすすめ比較」の記事でも紹介されているが、雑誌読み放題を使えば、月額内で野球関連の雑誌を何冊も読むことができるので非常にリーズナブル!

是非試してみてほしい。

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top