やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

2016開幕直前!12球団戦力分析 読売ジャイアンツ

2016開幕直前!12球団戦力分析 読売ジャイアンツ

プロ野球も開幕まであと残り僅か!今年も戦力分析がスタート。昨年セリーグを惜しくも2位となった巨人。

先発

確定

菅野智之、マイコラス、ポレダ、高木勇人、桜井俊貴、田口麗斗

候補

大竹寛、杉内俊哉、内海哲也、小山雄輝

シーズン通せば、先発ローテはこれで回していくと思うが、マイコラスがケガで復帰が未定の状態。そのため開幕ローテはマイコラスを外した5人となる。6人目は、内海が有力。シーズン中盤になれば、杉内や大竹らがケガから復帰するため、仮にルーキーの桜井に疲れが見え始めれば入れ替えることもでき、頭数は揃っている。問題はマイコラスが復帰するまでだが、そこまで悲観的になる必要はないのではないだろうか。

リリーフ

中継ぎ・セットアッパー

マシソン、山口鉄也、戸根千明、宮國椋丞、田原誠次

中継ぎ候補

香月良太、西村健太朗、矢貫俊之、公文克彦、江柄子裕樹、土田瑞起、今村信貴、中川皓太

クローザー

澤村拓一

リリーフ陣は、再びリリーフに回ったマシソン・山口・戸根を中心に回していくことができ、クローザーの澤村までは完璧な布陣。ただ、マイコラスが1軍復帰すれば、野手にクルーズとギャレットを使っている限りマシソンが使えない。そうなると中継ぎの層がやや不安になるが、宮國や田原がカバーできるかにかかっている。セットアッパーの中心は山口が担っていくだろう。

捕手

レギュラー

阿部慎之助、小林誠司

候補

相川亮二、實松一成、加藤健、河野元貴、鬼屋敷正人

キャッチャーは阿部が2軍で復帰しており、開幕スタメンも可能な様子。休ませたり、ファーストのポジションに置く際は小林がマスクを被るだろう。

一塁手

レギュラー

ギャレット

候補

阿部慎之助、アンダーソン、和田恋

ファーストはギャレット。阿部が休養を兼ねて守る際は、ギャレットはレフト辺りを守ることになるだろうか。

二塁手

レギュラー

クルーズ

候補

片岡治大、寺内崇幸、藤村大介、吉川大幾

セカンドはクルーズが有力だが、去年レギュラーだった片岡がいたため、片岡が控えに回るという贅沢な布陣。守備面を考慮すると、片岡は外せないと思うのだが・・・。サードの村田や岡本が結果を出さなければ、クルーズはサードを守るだろう。

三塁手

レギュラー

村田修一、岡本和真

候補

クルーズ、中井大介

オープン戦ではサードは岡本が守っているが、なかなか結果が出ていない。このまま結果が出ないようであれば、村田が就く可能性が高い。村田と岡本が共倒れすれば、クルーズが守るだろう。

遊撃手

レギュラー

坂本勇人

候補

寺内崇幸

ショートは坂本で固定。ショートを守れる片岡や寺内らが控えているが、余程のことがない限り坂本だろう。

左翼手

レギュラー

重信慎之介、亀井善行

候補

ギャレット、アンダーソン、堂上剛裕

レフトがやや流動的。打力が劣るが、ルーキーの重信が就き、調子次第で亀井が有力。

中堅手

レギュラー

立岡宗一郎、重信慎之介

候補

鈴木尚広、松本哲也、橋本到、大田泰示

センターは昨年同様立岡がレギュラーとなるだろう。調子次第では、ルーキーの重信、大田や橋本辺りもここに入ってくる。

右翼手

レギュラー

長野久義

候補

亀井善行

ライトは余程のことがない限り長野で確定。昨年のような不振が今年も続けば、巨人の外野陣は一気に不安が増す。

スターティングメンバー

おそらく、開幕スタメンは下記が有力。クルーズがサードを守ることになれば、8番セカンドで片岡が入ることになるだろう。重信が活躍できなければ、亀井がスタメンに入ることになる。阿部が休養する際は打順を8番に下げて小林。

1(中)立岡宗一郎
2(左)重信慎之介
3(遊)坂本勇人
4(一)ギャレット
5(二)クルーズ
6(捕)阿部慎之介
7(右)長野久義
8(三)村田修一(岡本和真)
9(投)-

総評

巨人の不安点は、捕手阿部が今季どれだけ働けるかが未知数であること。内野のギャレットが未知数、サードも岡本がオープン戦結果が出ておらず、かといって村田は下降気味。絶対的な存在が坂本しかいない点は弱い部分である。更に、外野のメンツも不安が残る。昨年課題だった貧打が解消されるかどうかは、新戦力のギャレットやクルーズにかかっている。ただ、投手陣が万全なので、投手力で戦っていくことになるだろう。

先発
★★★★☆
リリーフ
★★★★☆
捕手
★★★☆☆
内野
★★★☆☆
外野
★★☆☆☆
総合評価
★★★☆☆

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top