やきゅそく

野球情報をまとめた、野球専門メディア

【選手紹介】リアル野球BANでも大活躍!吉岡雄二ってどんな選手?

【選手紹介】リアル野球BANでも大活躍!吉岡雄二ってどんな選手?

1月2日に放送されたテレビ朝日の人気番組・『夢対決!2016 とんねるずのスポーツ王は俺だ!5時間スペシャル』。この中で、毎年恒例の人気企画・『リアル野球版対決』がある。今年は、プレミア12を戦った侍ジャパンから、松田宣浩・中田翔・秋山翔吾・山田哲人の4選手が参加した。

とんねるずの石橋貴明率いるチームは、主に石橋貴明の母校でもある帝京高校メンバーで構成される。今年は、日本ハムの杉谷拳士、そして吉岡雄二が参加した。吉岡雄二は2012年より参加、今年は第一打席でスタンドを超えるホームラン(東京ドーム)を放つなど、毎回大活躍を見せている。

画像引用元:http://news.mynavi.jp/news/2015/12/30/144/

吉岡雄二の経歴は

吉岡雄二は、1971年生まれの44歳。高校通算51本塁打を放ち、1989年に読売ジャイアンツよりドラフト3位で指名され入団。94年には2軍で本塁打・打点の2冠に輝き、翌95年には1軍でプロ初本塁打も記録。97年1月に大阪近鉄バファローズにトレードで移籍。移籍2年目の98年よりレギュラーに定着。その後は6年連続二桁本塁打を記録するなど、中距離砲としていてまえ打線を支えた。2004年はオープン戦でアキレス腱断裂の重症を負ってしまい、ほぼシーズンを棒に振ってしまう。

近鉄消滅後は楽天に移籍。2007年に戦力外通告を受け、トライアウトを受けるも獲得球団が現れなかったため、メキシカンリーグでプレー。その後2010年に現役引退。現役引退後は、四国アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツにて打撃コーチを経験後、2014年よりBCリーグ・富山サンダーバーズの監督に就任している。

通算成績

yoshioka-scoreレギュラーに定着しているシーズン全てで10本塁打以上放っている中距離砲。出塁率も高く、通算OPSも8割を越えており、主軸として活躍してきたことがわかる。いまだ東京ドームで本塁打を放つなど、パワーも健在。現在は独立リーグで監督をしているが、いずれはNPBでの指導者としての姿も見てみたい。

ちなみに、リアル野球BANはDVDでも出ており、Amazonで購入することができる。「Amazonプライム会員のメリットまとめ」で紹介されているように、プライム会員になれば送料もお得になるので、プライム会員になって振り返ってみよう!

コメントを書く

編集部より

もっと読む
Return Top